洗顔石鹸 無添加

洗顔石鹸は無添加がおすすめです

洗顔石鹸は無添加のものを選ぶということがとても大切です。

 

なぜかというと、肌にとってとても優しいからです。例えば洗浄成分に合成界面活性剤を使っているものと、天然の界面活性剤を使っているものとがあったら、後者のものを選びます。

 

なぜなら、合成界面活性剤は汚れをとてもよく落としてくれるのですが、同時に皮脂を必要以上に落としすぎてしまうからです。皮脂は適度にあることで肌のバリアになってくれます。

 

必要な分まで落としてしまうと、肌はどんどん乾燥してカサカサになっていってしまうのです。そのため、洗顔石鹸は天然の優しい洗浄成分でできているものを選ぶということが大切なのです。

 

また、香料や着色料などの成分も肌にとっては刺激になりますので、無添加になっているものを選ぶようにしましょう。刺激の元になる成分の入っていない洗顔石鹸を使っていれば、乾燥肌や敏感肌の人も改善していくはずです。

 

ただし、使い方には注意が必要です。適当に泡立てていたりすすいでいたりすると、肌にキズがついたり汚れが原因でトラブルが発生してしまう可能性があるからです。

 

そうした間違った洗い方によるトラブルを防止するためには、正しい洗い方を身につけなければいけません。まずたっぷりと泡立ててその泡で肌を洗います。手でゴシゴシとこすることはしません。

 

そして長く洗いすぎるのも禁物です。すすぎはぬるま湯でしっかりと行います。洗った後は化粧水でしっかりと水分補給をすることも忘れないようにしましょう。