敏感肌 洗顔石鹸

敏感肌向け洗顔石鹸

乾燥肌をそのまま放置しておくと、ちょっとした刺激でもヒリヒリしてしまったり、赤くなってしまったりする敏感肌になってしまいます。

 

敏感肌は肌のバリア機能が著しく低下しているために起こる症状です。そのため、ケアの基本は水分をしっかりと補給すること、そして油分を落としすぎないことです。

 

洗顔石鹸を選ぶ際にも注意して選ぶ必要があります。

 

まず、きちんと潤いを保てるものであるかどうかという点です。必要な油分まで落としきってしまうようなサッパリ感のとても強いタイプは、絶対に選ばないようにしましょう。

 

また、合成界面活性剤や香料・着色料などが含まれていないかということもチェックします。合成界面活性剤は洗顔石鹸の洗浄成分ですが、非常に洗浄力が高いため敏感肌には刺激が強すぎてしまうのです。ですから、天然の洗浄成分で優しく洗えるものを選ぶというのが最適です。

 

できるだけ刺激の少ない洗顔石鹸を使って優しく丁寧に洗っていけば、肌の状態は必ず改善していくはずです。

 

顔を洗う時というのは肌がとても傷つきやすい状態になっているうえ、水分も蒸発しやすいので、どうしても乾燥が進行してしまいやすい状態になってしまいます。

 

そうした状態をできる限り作り出さないようにするためには、刺激の少ないものを選んで泡で包み込むように優しく洗うことが大切なのです。自分の肌に合うものと出会えれば、刺激を感じやすい弱った肌もきっと改善していくはずです。