保湿 洗顔石鹸

潤う洗顔石鹸について

顔を洗うというのは必ず毎日行うことではありますし必要なケアですが、どうしても肌にダメージを与えてしまいがちです。

 

汚れを落とすのと同時に必要な油分も取ってしまったり、肌の水分が不足してしまったりするからです。この結果、顔を洗うことによって肌が乾燥してしまうということが多々あるのです。乾燥してしまった肌は様々なトラブルに見舞われやすくなります。

 

例えばカサカサしてかゆみが出てしまったり、毛穴が開いて黒ずんでしまったり、刺激に弱くなって敏感肌になってしまったり、ニキビも実は乾燥によって引き起こされているということが分かっています。

 

そこで大切なことは、洗いながら保湿もできるような洗顔石鹸を使うということです。

 

洗いながら保湿というのはどういうことかというと、洗顔石鹸の中に肌に嬉しい潤い成分がたっぷりと含まれているということです。このようなものを使えば、顔を洗うことで奪われる必要な油分や水分を保持したまま汚れだけをきれいに洗い流すことができます。

 

更に無添加の石鹸であれば、肌に余計な刺激を与えることなく、本来のバリア機能をアップさせることもできるのでおすすめです。

 

しかしいくら保湿ができるとはいっても、使い方を間違えると、やはり肌へダメージを与えてしまいかねません。

 

大切なことはしっかりとたくさんの泡で洗うことです。肌に指が触れないように泡を転がすようなイメージで洗っていきましょう。そしてきちんとすすぎをした後は、化粧水でたっぷり水分を補給して乳液やクリームで整えます。

 

こうすることで洗顔石鹸の良さを充分に活かすことができ、肌を乾燥からしっかりと守っていけます。