洗顔 ピリピリ

洗顔でピリピリする方へ

もしも洗顔している時に肌がピリピリするという場合には、化学成分の含まれていない低刺激の石鹸を使うようにすると良いでしょう。

 

化学成分は肌にとってはとても刺激が強いものです。バリア機能が正常に働いている状態のときには通常ピリピリと感じたりすることは無いのですが、それでも刺激自体はありますのでその分のダメージをしっかりと受けています。

 

そして乾燥などによってバリア機能が弱まってしまうと、刺激をダイレクトに感じてしまうようになるのです。

 

このピリピリとした感覚は「今、肌が弱っているよ」というサインです。ですから、このサインが感じられたらすぐに刺激を感じる石鹸を使用するのはやめて下さい。

 

代わりに、合成界面活性剤や香料・着色料などの含まれていないノンケミカルのものを選びます。100%天然の洗浄成分で洗えて余計なものが含まれていない純石鹸は最もおすすめです。

 

肌が過度に刺激を感じないように健康な状態を保つためには、保湿をしっかりと行ってバリア機能を正常にしておく必要があります。

 

洗顔時というのはとても乾燥しやすいものなので、この時に保湿成分を含んでいる石鹸を使用すれば、肌の状態は随分と改善してくれます。

 

敏感肌は肌の乾燥が進むことで引き起こされる症状です。洗顔石鹸を天然素材でできた保湿成分の配合されているものにすることで潤いを保ちやすくなり、刺激を感じづらい健康で美しい肌の状態にすることができます。