洗顔 美肌

洗顔と美肌の関係について

美肌作りのために欠かせないスキンケアというとなんといっても保湿です。

 

保湿がうまくできずに肌の水分が不足してしまうと、肌表面のバリア機能がうまく働かなくなってしまいます。

 

すると様々な刺激に対して非常に弱い状態になってしまいますので、ちょっとした刺激でヒリヒリしたり赤くなってしまったり、他にもニキビなどができやすい悩みの多い肌になってしまうのです。こうした状態を避けるためには保湿をとにかくすることなのですが、そこで大切になってくるのが洗顔です。

 

保湿というと化粧水などの基礎化粧品を使って行うものというイメージが強いですし、化粧水のパッティングを丁寧に行えば良いだろうと考える人が多いでしょう。

 

しかし、それだけでは実は不十分で、洗顔でまずキレイにして土台づくりをしておかないと、基礎化粧品の保湿もうまくいかなくなってしまうのです。顔を洗うというのはスキンケアにおいては軽く見られてしまっているかもしれませんが、良い石鹸を使って正しい方法で行えば必ず肌の状態は改善していきます。

 

合成界面活性剤など化学物質の入っていないノンケミカルの石鹸を選び、それをたっぷりと泡立てて使うということが最も大切です。

 

できるだけ肌に優しいもので丁寧に洗顔していけば、汚れや古い角質など不要なもののみ洗い流すことができます。不要なものがきれいになれば肌のターンオーバーが正常なサイクルになりますので、新しい細胞が生まれてきます。

 

また、古い角質や汚れを取り除くことでより保湿成分が浸透するようになり、基礎化粧品も生きてきます。バリア機能も正常に働きますので、自分の肌の持っている力を最大限に活かした美肌を作ることができるのです。