洗顔 顔が痛い

洗顔で顔が痛い方へ

洗顔の際に顔がヒリヒリと痛い状態になってしまう人がいます。

 

こうした症状は乾燥によって肌のバリア機能が弱まっている時により強く感じられます。つまり、痛いなと感じるのは肌の乾燥のバロメーターというわけです。特に冬場は空気自体がとても乾燥しますので、こうした症状が出やすい季節です。

 

また、近年ではエアコンを使う影響から、冬場以外でも乾燥が気になるという人が増えています。これは肌のバリア機能が弱まりやすい環境が1年中どこにでもあるということにつながります。

 

そこで大切なのが乾燥対策のための保湿です。

 

保湿のためには基礎化粧品を使ったり加湿をしたりすることも大切ですが、洗顔をきちんと行うこともとても大切です。

 

実は私たちの肌は洗顔の時に乾燥しやすい状態になってしまっているということが分かっています。石鹸で肌の表面の油分を落としてしまいますし、そうすると水分がとても蒸発しやすくなってしまうからです。

 

また、もしもゴシゴシとこするように洗っているような場合には、肌に細かなキズがついてしまいそれが乾燥につながってしまいます。

 

顔を洗う時には、保湿ができる石鹸を使って優しく丁寧に洗ってあげるというのが鉄則です。

 

そのようにしていれば、肌から必要以上に油分や水分が出て行ってしまうということがありませんし、細かなキズを作ってしまうということもないでしょう。

 

顔が痛いと感じるようであれば、まずはこのように石鹸選びや洗い方を見直すことから始めていけば、確実に改善していけるでしょう。