洗顔 顔が赤くなる

洗顔で顔が赤くなる方へ

洗顔時の様々な刺激で顔が赤くなるという人は、まずは洗顔の仕方と使用する石鹸を変えてみることが必要です。

 

なぜなら、その赤みの原因は肌のバリア機能が低下していることで、石鹸や洗い方による刺激に耐えられない状態になっていると言えるからです。

 

肌のバリア機能というのは私たちの体が自然に持っているものですが、水分や油分が適切な分量で肌に存在しているから保たれている機能です。

 

そして必要な水分と油分が足りなくなってしまうと、肌は乾燥して少しの刺激でも痛みを感じてしまったり、カサカサとしてかゆみを感じてしまったりといった状態になってしまいます。これがバリア機能が低下している状態です。

 

バリア機能の低下は顔が赤くなるという症状以外にも、ヒリヒリとしたり、かゆみを感じたりといった症状で表れることがあります。

 

こうした状態を改善したいと思った場合には、まず洗顔を見直すことが必要です。顔を洗うというごくごく普通の日常的な行為ですが、これを見直しただけで肌の状態が改善したという人はたくさんいます。

 

まず見直すべきなのが使用する石鹸です。天然成分で洗う低刺激のもので化学成分を含まないもの、そして保湿成分が配合されているものであればパーフェクトです。

 

バリア機能を回復させるためには乾燥対策が肝心ですので、洗いながらも保湿ができるタイプはとても肌にとって優しいものと言えます。

 

そして洗い方も大切です。石鹸はよく泡立てて、すすぎはぬるま湯を使います。このように顔の洗い方を見直すだけで、随分と肌の状態には違いが出てきます。