無香料 洗顔石鹸

無香料は肌に優しい

洗顔石鹸を選ぶ時の基準として無香料のものを選ぶということも考えられます。

 

なぜなら、香料も人工的に作られたものである場合には、肌にとって刺激になってしまうからです。化学成分は肌のことを考えるとできる限り使いたくないものです。

 

それは洗い流してしまう石鹸についても同じことです。どうせ洗い流すのだから何を使っても同じと考えている人もいるかもしれませんが、肌の上に乗るということでは他の化粧品と何ら変わりありません。

 

しかも洗顔時というのは、肌の表面を覆っている皮脂膜が落ちてしまっている状態ですので、肌に触れた成分の刺激がダイレクトに伝わってしまいやすいのです。

 

そのことを考えると、むしろ石鹸だからこそよく吟味して選ばなければいけないと言えます。

 

また、最近よく言われていることに、強い人工的なにおいで体調を悪くしてしまう人がいるということがあります。例にあがっているのは柔軟剤のにおいでしたが、人工的なにおいということでいうと石鹸のにおいも同様です。

 

日本製のものであればそこまでキツイものはあまりありませんが、海外製のものの場合には気持ち悪くなるほどのにおいがするものもあります。清潔を保って快適な状態を作り出すためのものなのに不快な気分になってしまったり、体調を崩してしまったりしては元も子もありません。

 

無香料の石鹸は、子供から大人まで誰もが安心して毎日使えるものと言えます。

 

肌が一番デリケートな状態になる時に使うものですから、安心して使える安全なものを選ぶというのがベストな選択です。