低刺激 洗顔石鹸

低刺激洗顔石鹸とは?

化粧水や乳液・クリームなどを選ぶ場合、その成分にはとても気をつけるはずです。

 

何で作られているものなのか、どういった有効成分が入っているのか、自分の肌に合っているのか。こうしたことは肌に良い影響があるのかどうかを考える上でもとても大切なことですので、吟味して選びます。

 

では洗顔の場合はどうでしょうか。顔を洗うための石鹸の成分にこだわって選んでいるという人は、実はとても少ないのではないでしょうか。

 

肌の不調に悩んでいる人の中には、色々な基礎化粧品を試してみたけれども改善が見られず、最終的に石鹸を低刺激のものに変えたところ一気に改善した、という人もいます。

 

石鹸は実はそのくらい肌への影響があるものなのです。それはなぜかというと、洗顔の時には実は汚れだけでなく肌の皮脂や水分も一緒に洗い流してしまっているからです。

 

もしもその状態で低刺激ではないものを使うと肌がヒリヒリして炎症が起こったようになってしまうこともあります。また、乾燥が進んで様々な不調を引き起こすということもあるのです。

 

低刺激の石鹸として代表的なものはノンケミのものです。

 

これはどういったものかというと、合成界面活性剤や着色料・香料などの化学的な成分を一切含んでいないものです。

 

化学成分は肌への刺激がとても強いので、特に敏感肌の方や乾燥気味という方には向いていません。顔を洗う場合には、ノンケミカルかつ天然成分で優しく洗う石鹸を使うのがベストです。