洗顔 炎症

洗顔後の炎症をどうにかしたい方へ

化粧水や乳液・クリームなどを選ぶ場合には、その成分に注目して何が入っているか確認すると思います。

 

細かなところまでは見なかったとしても、有効成分やどのような肌に良いかということくらいは見ているはずです。

 

では洗顔石鹸の場合はどうでしょうか。もしかするとこうした成分を確認せずに、ただ何となく使っているという人も多いのではないでしょうか。

 

石鹸は洗い流してしまうものですが、肌の上にその成分が乗るということでは化粧水などと違いはありません。もしも合わない成分があれば炎症を起こしてしまうなどのトラブルになってしまうこともあるのです。

 

洗顔後に顔が赤く炎症のようになってしまうという場合には、洗い方が悪いか石鹸の成分が合わないか、どちらかの理由が考えられます。

 

もしも洗い方をゴシゴシこすらないように優しくするようにしても改善しない場合には、石鹸そのものが合っていないということになります。

 

合成界面活性剤や香料などが含まれているものは、その成分が刺激になって炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

もしもそうした症状が出てしまった場合には、無添加の天然成分で洗う石鹸に変えてみると良いでしょう。

 

洗顔石鹸を使わないという方法もありますが、それでは不要な角質をきちんと落とし切ることができないので、くすみなどの違った肌トラブルにつながっていってしまいます。

 

ですから、自分の肌に合った優しい成分で作られているものを使うことが必要なのです。